2007年01月27日

三洋の洗濯乾燥機、リコール後も発火…16万台再点検

三洋製トップオープンドラム16万4364台全てを再点検、修理を終えるまで対象機種の乾燥機能を使わないように、とのことです。

事故が起こるのも恐ろしいですが、企業側にも恐ろしいです。

隠したい気持ちは分かりますが、包み隠さず公表したほうがいいですよね。

三洋電機は発火の恐れがあるとして2004年9月にリコール(無料点検・修理)を発表していたドラム式洗濯乾燥機「トップオープンドラム」で、リコール後も4件の発火事故があったと発表した。うち1件は修理を終えていた製品で、乾燥中に発火し、1人が軽いやけどを負った。
三洋はリコール後の発火を公表しておらず、経産省の指導で公表した。リコール前も含め発火事故は7件となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070126-00000112-yom-soci


残業代ゼロでも働きたい人が多いってありえないだろ

残業代ゼロ法案なんて、引っ込めて当然ですよ。

っていうか、経営者がうまい汁を吸うためだけの法案じゃないですか。

「残業代ゼロでも働きたい人は多い!」っていう議員さん、「でも」っていうのは、最低ラインの話で、とうぜん残業代はあったほうが良いですよ。残業代がいらないって話にすりかえようったって、そうは行きませんから。

日本も、経営者が搾取するだけ、会社と一部富裕層のみが得をする時代になってきてますね。。。

奴隷制度とか階級社会とか、そんな言葉が頭に浮かびます

引用:http://news.livedoor.com/article/detail/2999509/

クレジットカードは2枚でOK

流行情報誌「日経トレンディ」(2月号)がバカ売れし、書店で品切れしているらしいです。

なんでもクレジットカードの特集で、年会費、ポイントなどから総合的に判断し、「3枚以上は持ってもムダ。このパターンならこの2枚みたいな感じで、2枚のカードさえあれば大丈夫」と推奨するカード名を実名で表記しているそうです。

海外出張・旅行の多い人は「三井住友ANAカード+JCBグランデ」。

国内出張の頻繁なサラリーマンは、「JALカードTOP&ClubQ+JR東海エクスプレス・カード」。

年会費をタダに抑え、なおかつポイントも貯めたい人は、「楽天カード+みずほマイレージクラブカード」。

とかです。楽天+ミズホがいいのかー。

話を聞くと日経トレンディを読んでみたくなりますが、本屋に行ってもないかもしれませんね。。。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000010-gen-ent

英国で「枝豆ブーム」

私は、枝豆が大好きで、飲みに行くとしたら、必ず枝豆なんです。

もうあの微妙な青臭さと塩味の絶妙のコンビネーション。たまりません!

さて、イギリスで、枝豆ブームらしいです。

日本食レストランでの注文量は過去10年間で20倍以上らしいです。

もう、このご時世、どこでどんな物が人気になるか、思いも及びませんねw

そういえば、フランスで人気のある日本食の代表が、チーカマだったかカニカマだったか。。。?

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000031-jij-int

2007年01月17日

阪神大震災から12年

12年前は、何をしていましたか?

私は、6時にアルバイトに向かうために、掛けた目覚ましがなる前でしたね。
京都でしたが、今までに経験しなかったほどの揺れがあって、「大きい地震だったなー」と思ってたんです。
バイト先につくと、職員さんがテレビに見入ってて。
神戸に知り合いはいませんでしたが、1日テレビつけっぱなしでバイトしてましたね。

12年たったけど、まだ生きてます。

黙祷、合掌

-----記事引用ココカラ-----
<阪神大震災>12回目の祈りの朝、被災地に [ 01月17日 10時18分 ] 毎日新聞

 阪神大震災の被災地に17日、12回目の祈りの朝が訪れた。地震発生時間の午前5時46分には、雨の中、被災地を訪れた多くの人がじっと目を閉じ、亡き人への思いをはせた。市民による追悼行事は昨年とほぼ同じ60件だった。一方、兵庫県内の学校での関連行事は、震災10年(05年)の1067件に対し、今年は1280件と大幅に増えた。防災教育に取り組む学校が増えたためとみられる。悲しみの中から何を学ぶべきなのか。悲劇を教訓に変える努力は、少しずつ実を結びつつある。【震災取材班】

 ◇「1・17のつどい」…神戸市

 神戸市中央区の東遊園地では、同市と市民団体主催の「阪神淡路大震災1・17のつどい」があり、約4000人(午前7時現在)が参加した。会場では、震災死者と震災が遠因となった死者の人数にちなむ6610本の竹灯ろうが「1・17」の文字を浮かび上がらせ、午前5時46分に全員で黙とうした。

 犠牲者の名を刻んだ銘板がある「慰霊と復興のモニュメント」前では、遺族代表で同市灘区の主婦、小林知子さん(40)らが追悼の言葉を述べた。震災で父を亡くした小林さんは「震災を知らない子どもたちへ」と題し、「どうか、あなたの命を大切にしてください」と訴えた。

 兵庫県などでつくる「ひょうご安全の日推進県民会議」なども午前11時50分から、同市中央区の「人と防災未来センター」で「ひょうご安全の日1・17のつどい」を開催する。


-----記事引用ココマデ-----

楽天
Categories
blog内検索
My Yahoo!に追加
Add to Google